コンサルティング事業部 リーダー

山本章裕

#史上最短リーダー  #2016年中途入社

企業の“売れる仕組みを創る”という仕事

私はコンサルティング事業部に所属し、企業の持つ問題や課題を解決するために、セレブリックスの持つ「営業ノウハウ」を駆使してクライアント企業様の売上アップをサポートしています。
代表的な支援内容として、新規事業のテストセールスを行って商品の戦略や戦術を検証したり、営業研修の講師を担当してクライアント企業様の営業パーソンを育成したりしています。言い換えれば、企業の“売れる仕組みを創る”のが私の仕事だと言えます。

立場や年齢を超えて手を上げられる風土

セレブリックスの魅力は、1,000名規模の会社なのにも関わらず、「それ面白いね!」となったことは、上司部下関係なくどんどんPJが組まれていって、凄いスピードで実現させてくれるところですね。自分の裁量で面白いと思ったことを行えたり、部長や役員と非常に近い位置で仕事ができるのはとても良い文化だと思います。
例えば、「ブランディング推進委員会」という、"営業といえばセレブリックス"というブランドを広げていくにはどうすれば良いかを企画・提案するチームがあったり、「技術進化推進PJ」という、社内の営業技術を高めていくために、営業のデータを収集し最も効率の良い営業方法を型化・発信するチームがあったり、あとは、社内報を作るチームがあったり・・など、本当に多種多様の有志PJが立ち上がっています。

新入社員には、新しい風を吹かせて欲しい

今年で22期目を向かえ、従業員数も1,000名を越えました。企業としてとても良い状況だと思います。
しかし、企業が大きくなったからこそ、進化が遅れてしまう危険性もあります。
だからこそ、私たちと育った環境も時代も違う、新卒ならではの感覚や考え方などを臆せずに発信してくれるような人がいてくれると嬉しいですし、私たちもそういう意見を柔軟に取り入れていくという気持ちでいます。
そうすることで、セレブリックスは年を取ることなくどんどん進化して、さらに良い企業になっていけると思っています。