営業アシスタントとして現場で働く社員の
支えになることが私のやりがいです

脇田 未来 MIRAI WAKITA

セールス事業本部 コンサルティング事業部 兼 事業推進室

誰かの役にたてる仕事がしたい・・・。
そこで選択した「営業アシスタント」という仕事。

私はセレブリックスで「営業アシスタント」という仕事を行ってます。
現場で働く営業パーソンが、商談に集中して頂いたくために、
営業周辺のサポート業務を全般行っています。
具体的には、資料作成や契約書類等の書類作成、アポイントの設定など、
その業務範囲は多岐にわたります。

私がサポートに関わることで、営業の方から「とても助かったよ」とか
「脇田さんのおかげで契約が取れました」という言葉をいただくと、
私の仕事が誰かの役に立っているんだとダイレクトに感じることができ、
働く上でとても励みになります。

売上に直接関わらない仕事でも、誰かに感謝される働き方は沢山ある。

営業アシスタントになりたいと思うようになったきっかけは、
小さなことでも身近なことでも良いので、誰かに喜んでもらえる仕事をしたいと
思ったからです。
実は私もアシスタントの仕事をする前は、営業パーソンとして毎日現場に
出向いたり、テレアポや商談といった一通りの営業活動を行っていました。
そんな中で、私はもともと数字管理などが得意だったため、チームリーダーの
サポートとして、売上管理や見込み管理などの仕事を行っていたのですが、
こうした、売上に直接関わらない仕事でも、周囲の役に立てることは
沢山あるんだということを身をもって経験できましたし、
仕事をしていてとてもやりがいを感じました。

この時の経験がきっかけで、営業アシスタントに就こうと思いました。

営業アシスタントという仕事は、直接お客様をもったり、
数字を作るわけではないので、縁の下の力持ち的なポジションで、
裏側から営業パーソンを支えることが多いです。
しかし、私たちアシスタントが作った仕組みや、
サポートで業績が上がったという事実も確実に増えてきています。
採用では、こうした「誰かの役に立ちたい」とか「周囲をサポートしたい」と
いう考えを持つ方と出会えたら嬉しいです。
一緒にセレブリックスをサポートしていく仲間と出会えることを
楽しみにしています。