B2Bマーケティング事業部

手塚千尋

#女性セールス #2016年中途入社

入社~現在の仕事内容

新卒で大手雑貨メーカーに入社しました。
漠然とOLに憧れて入社したのですが(笑)、実際には販売部門に配属されました。
働いている中で、「アルバイトでも経験できる仕事よりも、しっかりとしたキャリア形成をしたい」と感じて、転職活動を始めました。

「営業は絶対やりたくない!」と営業職に嫌悪感を抱いている人はまだまだ多いと思うのですが、
私は逆で、高校生のころから営業職に興味がありました。
プレゼンしている営業パーソンをテレビで見るなどして、かっこいいなと思っていました。
1社目に入社してからも営業職に対する未練があったのだと思います。
転職活動時は、営業を軸に不動産や保険業界も見ていましたが、
「業界・商材問わず様々な営業経験が積める」という点でセレブリックスに入社しました。

実際に入社してみて驚いたことは、色々な営業手法があるということです。
入社前は「営業=外回り」のイメージしかなかったのですが、
訪問しないで営業活動をするインサイドセールスだったり、
売ってからお客様に成功してもらうことが全て…と考えるカスタマーサクセスだったりなど、
ただ売るだけではなくて色々なコミュニケーションの手法がある点に驚きました!

今は、習い事・資格に関連する大手情報メディアの掲載獲得を担当しており、
効率良く、且つ最先端の営業活動を実現するために、電話やオンライン営業ツールを活用しています。

お客様のビジネスをしっかりと理解したうえで、お客様のためになるものを売りたい!
そんな心意気で仕事をしています。

楽しい瞬間とつらい瞬間

営業代行という仕事は、お客様になりきってお仕事をするのですが、お客様のお客様(営業先)と仲良くなれた瞬間はめちゃくちゃ楽しいな、と感じますね。
商談して接触を重ねるうちに心を開いてくれたりとか、本音を話してくれたりすると、とても嬉しい気持ちになります。
営業って、「コミュニケーション能力が元から高い人が多いのではないか」と思われがちなのですが、
全然そんなことはなくて、実は私は元々コミュニケーションをとるのは苦手でした。
だからこそ、今営業をしている中で、縁もゆかりも無い人が、
自分と関わり、影響を受けてくれることに凄くやりがいを感じるのだと思います。

一方、お客様からクレームが入ったときはやっぱり辛いですね。
前向きに考えてくれていたからこそ、お役に立てなかったり、期待に応えられなかったりしたことが本当に悔しかったです。

今後

私は正直、「チーフ・リーダーなどのマネジメント層を目指したい!」という気持ちはあまり持っていません。
現場の一先輩として慕われるような、後輩に自信を持って見本を見せられる人になっていきたいです。
ポイントは、テレマーケティングでも、商談でも、何でもいいのですが、「見本になる」という受動ではなく、能動的に見本を「見せられる」人になっていきたいというところです。「私を見て、練習してもらっていいよ!」と、自ら言えるような絶大な自信をつけていくために、これからも多くの経験を積んでいきたいですね。