株式会社セレブリックスRECRUITING

インタビュー

セレブリックスのメンバーは、どんな想いを胸に走り続けているのか。周りの人たちとの相乗効果を生み出しながら、最大速度で成長しているセレブリックス社員の一部をご紹介します。

営業とは

仕事。

猪狩美菜2019年中途入社
セールスアウトソーシング事業部

モットーは、「YOLO(You only live once:人生一度きり)」。留学経験から多くの人と接することの楽しさを知り、アパレルブランドでの接客業を経て、セレブリックスへ。人材業界、製造業界などさまざまなプロジェクトにおける経験を積み、現在はSaaSサービスの営業。好奇心・チャレンジ精神旺盛で、コミュニケーションを重んじながら周りからの信頼獲得を大切にしている。趣味は海外旅行。ツアーには参加せず、自分の行きたい場所を決めて自ら予定を組んでいく行動力も。

もっと人と接しながら、もっと影響を与えられる仕事を。

はじめは海外旅行好きな姉の影響で、海外へ興味を持つように。洋楽を聞いたり、映画を観たりするうちに、もっと直接さまざまな人や価値観に触れてみたいと考えるようになり、学生時代は海外留学を経験しました。語学の勉強そのものも力を入れていたのですが、学生時代の私にとって一番の興味は、多くの人に接するという経験だったように思います。なかでも印象深かったのは、旅行代理店でのインターンです。旅行や留学のパッケージを自ら考え、語学に力を入れている学校向けに営業する。自分の提案で学校の先生たちが喜んでくれたり、学生さんが学びを得てくれることに、喜びを見出すことができました。

直接人と話しながら、自分の提案を活かした仕事がしたい。そう考えた私が最初に就いた仕事は、アパレルブランドでの販売・接客でした。旅行代理店でのインターンと同じく、自分の考えを伝えてお客様の購入につながるのは嬉しかったし、成果も挙げられていました。そこで新たに芽生えたのが、目の前の人だけじゃなくもっと多くの人と関わり、大きな影響と成果を考えられる仕事がしたいという気持ち。自己分析を踏まえ、営業職に転職することに決めました。セレブリックス入社の決め手は、営業に精通している、営業のプロ、といった印象が強かったことからです。営業は未経験だったものの、ここでなら成長できると期待しました。

コミュニケーションを重んじることが、
営業として変わらない本質。

セレブリックスでは、SaaSサービス*の営業を担当しています。現在はSaaSを扱っていますが、セレブリックスでは営業職と一口にいっても、やることがとても多様。人材業界だったり、製造業だったり、アサインされるプロジェクトが変わればまったく業務が違います。そのたび商材や業界の慣習について新たに、勉強、勉強。毎回インプットすることも多いですが、その分学びの多い環境です。

多様な業界や商材を担当しますが、どの領域の仕事でも変わらない、私が大切にしていることがあります。それは、一緒に働く人とのコミュニケーションです。自分の考えを「伝える」のではなく、相手へ正確に「伝わる」ことを重視する。感情をダラダラ言うより、結論と背景を整理して話す。相手の気持ちや状況を想像しながら、自分の考えを話す。小さなことですが、コミュニケーションを積極的にとること、そしてそのとり方を工夫することはとても意識しています。

コミュニケーションの大切さに気づいたのは、以前私が経験した、小さな挫折がきっかけです。当時の私は入社してからずっと、個人でもっている売上目標額を毎月達成し続け、順風満帆に営業という仕事をこなしていました。しかし入社1年が経とうとするころ、新しいプロジェクトの担当になった途端、2ヶ月連続で売上目標が未達成に。いわゆる、スランプに陥ってしまったのでした。

SaaSとは?

SaaSとは、特別な機材などを導入せずとも、オンライン上で使用できるサービスのこと。SaaSの営業は、顧客先へ直接出向かずともオンラインで商談や契約を行うことができるサービスの販売や、営業の実施を行っています。

失敗するから、人は学び、進んで行ける。

もちろん、新たなプロジェクトで勝手がわからなかったからというのもあったと思います。でもそれまでの私にとって、目標とは達成して当然のもの。できない自分が許せなくて、理解できなくて、本当に落ち込んでしまいました。そんな私を支えてくれたのが、周りで一緒に働く人たちです。

上司と密にコミュニケーションをとりながら、商談のロールプレイングをお願いし、アドバイスをもらうことにしました。同期の仲間は頻繁に電話で、悩みを相談したり励ましてくれたりしました。いま振り返れば、営業ノウハウを教えていただくのはもちろんですが、気持ちの面でも大きく助けてもらっていたと思います。一つひとつは大げさなことではないかもしれませんが、周りとのコミュニケーションに私は救われて、再び自信を持って目標達成をする営業となれたのです。そのとき感じたことはきっと、ずっと忘れません。一緒に働く人を大切に、そしてそのために、よりよいコミュニケーションを心がけていこうと決めました。

いま私は、営業職としての自身のスキルアップとともに、マネジメントの仕事にも興味を持ち始めています。自分がやってもらったように、部下や後輩に何かを教えたり、サポートをしたいのです。そう思うと、過去の「売れない」「できない」という経験をしたことも、きっと財産。色々なメンバーと接する上で、幅広い仕事と感情を味わっておきたいです。セレブリックスには、「失敗なくして成長はない」という文化もあります。そのことばどおり、自分の経験を糧に、これからも学び、成長を重ねていくつもりです。

お昼はしっかり食べ、商談準備は入念に。

AM 9:30

始業&ミーティング

社内ミーティング(情報共有、1日のスケジュール確認など)

AM 10:00

商談準備、提案資料の作成

商談の事前準備(30~40分程) 作業中も含め基本的にオンライン上のミーティングルームには常に入っていて、チームメンバーとコミュニケーションを取っています。集中しているとこんな表情になっていることに気付かされました。(笑)

PM 12:00

昼食

ランチタイム!!1日頑張るためにお昼はしっかり食べます!商談でたくさんお話するので、水分補給も欠かせません。

PM 14:00

商談

オンラインでお客様と打ち合わせ&商談。商談後はお礼メールの送信、追客(以前商談を実施した企業に再度アプローチ)また合間にはコーヒーを飲み息抜きしています。

PM 18:00

ミーティング&案件管理

プロジェクト内ミーティング(情報共有)、案件整理、明日の商談準備明日以降のスケジュールは必ず確認し、1日の流れをイメージしてから業務を終えます。

PM 19:00

終業

最近ハチミツレモン作りにはまっています。ヨーグルトに入れたり、炭酸水で割ると美味しいです!

これが私の必勝アイテム

ピンクのボールペン

ひとりでパリに行った際に、300円ほどで買いました。特別な思い入れがあるわけではないものの、商談のときは必ず持っています。

上司からのコメント

営業未経験ながら入社早々にチームトップクラスの成果を上げてきた猪狩さん。
”遠慮”を捨て、”配慮”あるコミュニケーションで周囲を巻き込み失敗も乗り越えてきました。
これからも、誰かを助け、そして助けてもらえる人であり続けてくれることを期待してます!

大矢貴広

TOP INTERVIEW